【釣りキチ三平】日本釣振興会50周年記念ブースにマニアも唸るコレクション多数展示

ニュース
日本釣振興会50周年記念ブース
横浜と大阪のフィッシングショーに、日本釣振興会設立50周年の記念ブースが出展された(写真は大阪)

(公財)日本釣振興会は、2020 年に創立50周年を迎えた。その記念事業の一環として、横浜、大阪、北九州市のフィッシングショー3会場(北九州市で開催の「西日本釣り博2020」は新型コロナウイルスの影響で開催中止となり実際は2会場での出展となる)で、「日本釣振興会50周年記念・僕らと釣りと三平と」という記念ブースを出展した。

釣りキチ三平のブース
両会場とも多くのファンが釣りキチ三平のブースに足を運んだ
釣りキチ三平のブース
フィッシングショーだけに、「釣りキチ三平に影響を受けた」という人も多かった

釣りブームの火付け役。知ってる世代には懐かしく、知らない世代にも楽しさ伝える

 釣りキチ三平は講談社の「週刊少年マガジン」に1973年から10年間連載され大人気となった漫画だ。当時から多くの子供を夢中にさせ、釣りブームの火付け役になった事でも知られている。

 この、「釣りキチ三平」を知っている世代には懐かしく、また知らない世代にもこういったブームを巻き起こした漫画があった事を紹介し、釣りの魅力を伝え、釣りに興味を持ってもらおうと、釣りキチ三平の漫画本はもちろん、膨大な数のオリジナルグッズなどが一堂に展示された。

釣りキチ三平のルアー
釣りキチ三平のルアー。持っていた人もいるのでは…?
釣りキチ三平の釣り道具
オモチャメーカーのトミー(現・タカラトミー)と釣り具メーカーのダイワ精工(現・グローブライド)が提携して発売したジュニア向けフィッシンググッズシリーズ
釣りキチ三平の漫画本
もちろん、漫画本も多数展示された

 このコレクションは、北海道恵庭市在住の岡部宏志氏のものだ。岡部氏は日本一の矢口作品のコレクターで、自ら「ギャラリー三平」を立ち上げ公開している。その一部を借りて、フィッシングショーのブースで展示していた。

ギャラリー三平の案内
岡部氏のコレクションの一部が今回展示された。「三平号」という車(パジェロイオ)もある

多くの有名アングラーも影響を受けた!

 横浜、大阪とも「釣りキチ三平」のブースは人気だった。大人から子供まで、多くの人がブースを訪れていた。今、フィッシングショーの会場でトークショー等を行っている有名アングラーの多くも、子供のころに「釣りキチ三平」の影響を受けている人が多い。

 また、有名アングラーだけでなく一般来場者もフィッシングショーに来場するだけあって、釣りキチ三平を知っている人は多い。ある程度の年齢以上は、釣りキチ三平の知名度は100%に近かったと思われる。

釣りキチ三平のブース
子供のころに影響を受けたという有名アングラーも多い
釣りキチ三平のブース
有名アングラーがずらり

 釣りキチ三平ブースにも著名アングラーから、釣りキチ三平への思い出のメッセージがパネル展示されていた。

次ぺージは、いよいよ貴重なコレクション等を一挙公開!

1 / 2
次へ

関連記事

【オーナーばり】「JR-22 直リグスピンシンカー」スイベルが装着されて糸ヨレ軽減

【オーナーばり】「マスクドスピン」フックにセットするだけ!簡単ブレードチューン

【オーナーばり】釣りに関する質問募集!「つりばりサロン」期間限定オープン

【ダイワ】「ブレイゾン モバイル」振り出し式モバイルバスロッド5機種

ライフジャケット着用前に自主点検を!(一社)日本釣用品工業会、啓発ポスター作成

【ダイワ】「レイジー(スピニングモデル)」軽量・高感度なシーバスロッドに追加機種登場

【がまかつ】「ラグゼ LEDヘッド&ネックライト」3モデル

【ヤマイ】「ツインアシスト 狩」ワイヤー入りPEラインを採用したアシストフック