出展社募集締め切り延長!9月16日まで。来年はリアルとオンライン同時開催【釣りフェス2023】

ニュース
釣りフェス前回のリアル開催時の様子
前回のリアル開催時(2020年)の様子。今回は感染症対策を徹底してリアル、ウエブの両方で開催される

一般社団法人日本釣用品工業会は、「釣りフェスティバル2023 in YOKOHAMA」を、2023年1月20日(金)~22日(日)を本番会期として開催する。

今回はパシフィコ横浜でのリアル開催と、ウエブを使ったオンラインの両方で開催され、それぞれの利点を活かして情報を発信していくとしている。

出展社の募集は8月31日締め切りの予定だったが、9月16日(金)まで延長されることが発表された。

釣りフェス出展案内

【リアル会場】「ルアーワールド」新設。1出展社で複数エリアへの分散出展も可能!

リアル会場では新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、感染症対策を施したうえで、3日間(1月20日~1月22日)で約3万人の来場者数を設定。釣りファンにダイレクトに新製品を訴求していく。

リアル会場での主な変更点としては、全てのルアーが集まる「ルアーワールド」を新設。船、ヘラブナ釣りもフィーチャーし、釣種エリアを展開する。1出展社で複数エリア(釣種エリア)への分散出展が可能となる。

また、リアル会場の出展社は、オンラインサイト出展ページ機能を自由に使うことが出来る。

釣りフェス前回のリアル開催時の様子
前回のリアル開催時の様子

会場の感染症対策としてはマスクの着用、消毒、検温などの基本的な対策はもちろん行い、入場券販売は電子チケットのみとする。

日時指定券の販売により来場者数をコントロールし、入場待機列を回避する。ほか、出入口にセンサーを設置してホール内の滞留人数を管理するとしている。

釣りフェス出展案内。リアル会場の詳細

【オンライン会場】釣りフェスチャンネル開設。世界中の釣りファンに情報発信!

オンライン開催の会期は、1月20日(金)から3月5日(日)まで。世界中の釣りファン30万ユーザーの来訪を目指し、オンラインを盛り上げる。

オンラインのプログラム「釣りファン必見!新製品・イチオシ製品紹介」は、3小間以上の出展社へ向けた特別プログラム。釣りに精通したレポーターがブースを訪問し、メーカー担当者に新製品について取材を行い、その模様をオンラインで公開する。

釣りフェス出展案内。オンライン会場の詳細

また、「釣りフェスチャンネル」も開設。ここでは、リアル開催のステージプログラムや、「釣りファン必見!新製品・イチオシ製品紹介」を釣種ごとに公開。会期後は、ユーチューブでも広く配信し、長期に渡り多くの釣りファンが視聴出来る環境を整える。

そのほか、前回同様、新製品が一目で分かる「ピックアップ製品」や、「釣りの学校」「あなたの町の釣具店」など様々なコンテンツが公開される。

釣りフェス前回のリアル開催時のステージの様子
リアル会場のステージプログラムもウエブで公開される

イベントの詳細・出展申し込みは、釣りフェスティバル公式ホームページまで。

関連記事 → あなたも釣り界のイメージガールになれる!第14代アングラーズアイドル募集開始【釣りフェス2023】

関連記事 → 子供の釣りフォトをInstagramで大募集! 入賞者にはキャンプ場の宿泊券をプレゼント【釣りフェス2023】

関連記事

秋まで活躍間違いナシ!半永久的に続く虫よけ素材「BUGOFF」採用でオカッパリでも安心【サンライン】

【ダイワ】「サムライ メタルバイブ」使いやすさを追求した鉄板バイブレーション

4月1日から開催「釣研フォトコンテスト」グレ、チヌ、マダイの長寸で競い豪華賞品をゲット!

SALTIGA(ソルティガ)ハッシュタグキャンペーン開催中。インスタで応募してオリジナルグッズをゲット!

釣り糸が見えると不利になる?(後編)。メジナは糸が見えているか実験!「糸が太いと釣れない」は本当なの?

渓流釣りのために開発されたプラグ用シングルフック「プラッキングシングル ミディアムワイヤー」

【まるふじ】「喰わせ獲り極太キツネ」大物青物・ヒラメなども狙える仕掛け

【シマノ】「エクスセンスBB」シーバス用スピニングリール